新宮FCジュニア | 少年サッカークラブ福岡|卒団生の活躍/メッセージ

卒団生の活躍/メッセージ

  • ホーム
  • 卒団生の活躍/メッセージ

卒団生の活躍

卒団生の活躍をご紹介します。

石津 大輔
石津 大輔
■所属チーム アビスパ福岡/背番号16
■生年月日 1990年1月15日
■ポジション フォワード
■経歴 新宮FCジュニア→新宮FCユース→福大大濠高校→福岡大学→アビスパ福岡

地元・福岡市出身で4歳の頃からサッカーを始める。
福岡大学附属大濠高校を経て、数多くのJリーガーを輩出する 福岡大学に進学。大学3年生の時には、九州大学リーグで15試合で20得点を決める活躍を見せる。 2010年9月より同年末まで、さらに2011年5月より特別指定選手としてJリーグ・アビスパ福岡に登録された。
翌2012年より福岡に正式加入。同年12月25日に入籍。

【本人からのメッセージ】
もっともっと活躍できるように常に上を目指して頑張るので応援よろしくお願いします。

松本 和
松本 和
■所属チーム 東海大五女子サッカー部
■生年月日 1999年3月23日
■ポジション ボランチorMF
■経歴 新宮FCジュニア→東海大五女子サッカー部

OG松本和 東海大五女子サッカー部/1期生として進学。
「地元の伝統校でサッカーがしたい」と東海大五を選択。兄が東海大五OBのMF松本和(ひより)も「応援で試合をよく見ていて、パスサッカーに憧れた」と入学を決めた。

西日本新聞の記事はこちら

平田ひかり
平田ひかり
■所属チーム 日本体育大学女子サッカー部
■生年月日 1995年5月25日
■ポジション フォワード or サイドハーフ
■経歴 新宮FCジュニア→福岡Jアンクラス

平田ひかり。現役女子高生。昨年のアウェイ浦和戦で圧倒的な存在感で全国にアピールした平田が、さらに成長している。
体型が、よりアスリート化していた。スピードは相変わらず速い、フィジカルはチャレンジリーグでは飛びぬけている。
サイドステップの速さは、なでしこの選手でも追いつけないだろう。
ずば抜けたキック力で、左の精度も上がっている。今後のさらなる成長を期待せずにはいられない・・・

【本人からのメッセージ】
サッカーを思う存分させてもらえる環境にとても感謝しています。もっと強く、上手くなれるよう、課題を1つ1つ確実にクリアしていけるよう頑張ります!!応援よろしくお願いします。

森照夫
森照夫
■現在 プロ競艇選手
■生年月日 1988年7月18日
■経歴 新宮FCジュニア→新宮FCユース→東海第五高校→九州産業大→2013年 112期生プロ競艇選手としてデビュー

ずば抜けた運動能力とリーダーシップ、負けづ嫌いの性格で新宮FC在籍中はキャプテンを務め第24回全日本少年サッカー福岡県大会で堂々、
準優勝の成績を残す(過去最高)。
中学高校大学とサッカーを続け、今年難関の競艇選手としてデビュー
自らの持ち味を「全速ターン」と話す森にも、平成の革命児としての期待をかけずにはいられない。
教官からも、強気な性格を評価する声が上がる。

メッセージ

卒団生・卒団生の父母会・保護者様からいただいたメッセージをご紹介いたします。

卒団生このしたゆまからのメッセージ

サッカーの楽しさを学びました。

監督をはじめ、コーチたちは私を女の子だからといって特別扱いせず、男の子と同じように指導してくれました。私は女だからといって特別扱いされなかったことが嬉しかったです。上級生の試合に出させてもらえたり、北九州の女子のチームに参加させてもらい、全国大会に出場したり、指導者の方々のおかげでたくさんの経験をさせてもらったことを感謝しています。思い出と言われても、正直あまり思い出せません。でも、サッカーだけでなく、人間としての礼儀も学び、新宮FCでの4年間は私を大きく成長させてくれました。

高校は鹿児島県の鳳凰高校、現在は山口県の徳山大学の女子サッカー部に所属しています。まだまだ未熟ですが、センターバックとしてレギュラーで試合に出させてもらっています。
今でもこうしてサッカーを続けられているのは、新宮FCでの4年間で指導者の方々に「サッカーの楽しさ」教えていただいたからだと思います。今では私にとってサッカーは生活の一部となり、生活の中でなくてはならないものとなっています。 新宮FCでサッカーをできたことを誇りに思います。

実家に帰ったとき練習に顔を出したとき、指導者の方々とたくさんの話をできること今こうして、帰ってくる場所があることを本当に嬉しく思います。
これからも、たまに帰ったときにはご挨拶に伺うのでその時はまたよろしくお願いします。
指導者のみなさん、これからも元気にご指導頑張ってください。

此下由麻
此下由麻
■現在 徳山大学(山口県)
■生年月日 1992年8月22日
■経歴 新宮FCジュニア→新宮FCユース/Neu Wave北九州ガールズ→鳳凰高校→徳山大学

卒団生元父母会会長H様メッセージ

お子様にサッカーをさせたいと思っているお父様、お母様一度、新宮FCジュニアの練習を見に来られませんか?

お子様にサッカーをさせたいと思っているお父様、お母様
一度、新宮FCジュニアの練習を見に来られませんか?
幼稚園 小学校と約8年あまりありますが、この時期は人格形成にとても大切な時期です。

きちんと挨拶をする、粘り強く最後まで頑張る、仲間と協力して目標に向かっていくなど。
そんな子供に育って欲しいと思いませんか。
親も一緒に成長出来ますよ。
お父さんも子供と一緒に身体を動かせばメタボの解消にもなりますよ。

うちの息子は今年二十歳になりますがその時のお母さんとは今でも仲良くしています。
時々、みんなでお酒を飲みながら楽しかったことを思い出しています。

親子共々貴重な経験 ができると思います。
是非グランドに来て体験してみてください。

新宮FC卒団者保護者様メッセージ

新宮FCの思い出

娘は、新宮FCで数少ない女子部員だったため、入部当初は心配しましたが、チームメイトと保護者、
そして指導者に温かく見守って頂き、サッカーに夢中に向き合い、楽しく過ごせた6年間だったと思います。
6年という年月は、長いようで、振り返るとあっという間の6年間でした。
苦しい事、辛い事も沢山ありましたが、それ以上にチームメイトと喜びを分かち合える事の嬉しさの方が何倍も大きかったです。

子ども達、保護者のみなさん、指導者のみなさんとサッカーという競技を通じてだからこそ、この出会いは何ものにも変えられないものになりました。
サッカーという素晴らしいゲームの楽しさを知ることができたこと、いろんなところに皆で出掛け、いろんなチームと試合やホームステイを通しての交流やイベントで、子ども達と保護者の親睦を深めることができました。

新宮FCで過ごした6年間で、娘は様々な事を学び成長しました。
そして何より、その成長をいつも側で見ることができて、一緒の時間を共有できたこと、
それが親として何物にも代えられないとても幸せなことでした。

現在、娘は高校3年生になり、まだまだサッカーに夢中で、応援をしていますが、親子で過ごした時間は、どの時代よりも小学生時代が最も密度が濃く、一番の思い出になっています。
皆さんも、子どもさんが小学生の「今」を大事にされ、親子の良い思い出を作られてください。
それが子どもさんの何よりの成長に繋がることを祈念しています。

トップへ戻る